AIの未来 AI's Future, GPT-5, Synthetic Data, Ilya/Helen Drama, Humanoid Robots- Sam Altman Interview

AIの未来 GPT-5、合成データ / lya/Helen Drama, Humanoid Robots- サム・アルトマン インタビュー(日本語翻訳可)

日本でのAIの話題は多分まだ一部の人のみに留まっていると思います。 また、現在Youtubeで流されているAIの話題はYoutubeをどうまわしお金化をするかに関心が高まっている感じがします。 ここではインタビューワーがAIの危険性についてかなり質問していますが、サム・アルトマンは気をつけながら返答をするという図式です。 しかし近い将来AIは想像を超えてくる可能性が高いです。 過去からAIブームは有りましたが、騒がれては消え、騒がれては消えてきましたが、2024年のAIは消える事は無く、より進化へと向かう可能性が高いです。 それはAIの基礎環境のハードウェアをNvidiaが開発をしているという事でなんと株価がアップルを超すという異常な事態が起きました。 グラフィックボードの会社がビットコインの発掘とAI計算と分析のハードウェアで一躍注目を浴びています。 この先登場するAGIやASI(人工スーパー知能)が出来ると、国家間の競争も熾烈になりそうです。 AIを使える環境が高い国家ほど競争力を持つようになるでしょう。それは電力とマシン力を持った国の競争です。 AIを活用出来る国と出来ない国の差も明確になっていくでしょう。 まず今、現在AIの恩恵を最も受けている人々はほぼプログラマー等のエンジニアだと思います。 特に知識を持ったプログラマーは自分の創造力で作り出したプログラムの検証や、補佐について人間よりも遥かにChatGPTの方が強力なアシスタント機能を持っています。 過去においては部下がアシストしていた事を今はChatGPTが出来ます。しかも遥かに速い。 もうプログラマー達はChatGtpが無いと仕事の効率が数倍落ちるほどだと思います。 このYoutubeでサム・アルトマンは、まだかなり控えめな言い方をしていますが、それらのアシスタント機能があらゆる部分へ広がる事を期待しています。 医療分野もそうでしょうし、教育分野もそうです。 特に医療分野でのAIの領域はかなり広くなります。 下手をすると手術の状況をAIが分析をして指示をする時が来るかもしれません。 ソニーが開発した手術補助ロボットを利用してAIを利用した手術で成功率はかなり高まるでしょう。 学校や塾もAIがする授業になっていき、塾の教師は生徒をサポートする役目に変化するでしょう。 逆に生徒一人一人が自分に向いた勉強をしていく事も可能です。 産業革命以上の革命。インターネット以上の革命に、AIはなりそうです。 が。。。 それともAIが暴走するのか? それともAI戦争が始まるのか? 私達にはまだその未来は見えていません。 丸山

投稿日:2024-06-06


カテゴリ:

なび関連業種