自律走行が描く新しい通学の姿 :産経(より多様な交通が生まれそう)

バスやタクシー、高速バス、自動車の未来は確実に変わる

 産経新聞がWiredの記事を紹介している。
日本は道路事情を考えると自動運転は不利。
アメリカは都市計画が先にあり道路も広く住宅が後に出来ているケースが多いので 自動運転にはより有利だろう。

日本はモータリゼーションの前に住宅が出来ているので道路も狭く入り組んでおり、 より正確な通行も求められる。

多分、中国やアメリカの方が先に実用化の道が開けるだろう。
アメリカの通学はバスがほとんどだからここも自動化していくだろう。

 トヨタは2025年にガソリン専用車を廃止の予定に。
ハイブリッドにするのか電気にシフトするのか、はたまた水素に行くのか。 日本の自動車産業はまだ混沌としている。

そんな中で中国は完全に電気にシフトしている。 人口と国力では中国が最も高成長の可能性が高い。 そんな中で日本の技術優位の時代は過ぎ去り、日本は旧態依然の技術にしがみついているように見える。

それは政治もそうだがそれを支える国民の意識転換が必要だが最大の障壁はその意識なのかもしれない。 2017年12月19日
(記事 ネットフロイド株式会社)

投稿日:2017-12-19


カテゴリ:

なびシリーズ 関連業種

なびシリーズ関連業種:

自動車製造業自動車販売店探す