【ユーチューブ】ドライクリーニングの工程(ユコークリーニングさん)

アメリカのドライクリーニング協会(DLI)認定の品質管理。安心のユコークリーンテック

 ドライクリーニングの仕組みはどうなっているのでしょうか?
なるほど先ず、洗濯物を受け取り仕分けをする訳ですね。ふむふむ。

前処理は人手作業。ボタンも保護するんですね。
結構大変です。

洗濯はタグも一緒に出来るようにしているんですか。。。
なるほど、それでどこからの洗濯物かをわかるようにしているのでしたか。

立体で内側から蒸気をあてる。。。
ここは機械と人間の共同作業

次はプレスですか。
アイロンは出来るだけ使わない感じですよ!

パンツもスチームとプレスの二工程。

なるほどアイロンだと確かに光りますね。

仕上げは人手で。

これは比較的大掛かりな施設が無いと出来ませんね。

全てのクリーニング屋さんが同じ工程では無いでしょうが
、 ユコークリーニングさんは動画情報発信を積極的になさっています。

 まずクリーニングも機械化がかなり進んでいますが人手の部分も沢山ありますね。

なるほど、これでドライクリーニングの工程がある程度わかりましたね。 私達の洋服やスーツがこういう工程を経て請負店に戻ってくる。 クリーニング屋さんの仕組みが少し見えましたよ!


(記事 ネットフロイド株式会社)

投稿日:2017-11-29


カテゴリ:

なびシリーズ 関連業種

なびシリーズ関連業種:

クリーニング店・洗濯